日本語 | English

癌(がん)の代替療法

 

ここに述べることは、あくまで一般的な参考としての情報であり、読者が医学知識を増やすための自習の助けになるものであり、それを越えるものではありません。
また、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに書かれてあるサプリメントを摂ったり、治療法を行い、症状が悪化しても、いっさい責任はとれません。 インターネットにより、Dr.牧瀬のアドバイスを受けられたい方は、こちら



 癌治療の代替療法の百科事典のようなサイトを紹介します。それは、www.cancertutor.com です。 ほとんどの治療を網羅して、かつ、日々アップデートされています。英語しかないので残念ですが、Google 翻訳でもおよそのことがわかります。
昔は、www.drmakise.com に、かなりのページをさき、癌の代替療法について解説していましたが、このサイトに出会ってから、それらを消しました。この膨大な情報量にとても及ばないとわかったからです。
かつ、オーソドックスな現代医学による癌治療も目覚ましく進歩してきています。ウイルスをベクターに使った治療や、免役療法も発達してきています。また、陽子線治療や重粒子治療 も日本は最も進んでいます。
やがて、癌は過去の病気になりそうな勢いです。そして、そうなるでしょう

 私が今、あつかっている癌は、おもに初期の前立腺癌です。これは、月桃加工食品と数種類のサプリメントを組み合わせてほとんど完治できます。 (しかし、骨にまで転移のある場合は、代替療法ではまず無理です)。
泌尿器科では、しきりに手術をすすめます。しかし、どんな名医が行っても術後に、尿失禁やインポテンツの後遺症が数パーセントの確率でおこります。 ですから、可能なかぎり手術は受けたくないものです。また、ホルモン療法は、最終的には効かなくなります。 化学的去勢ですから、当然、受けている間はEDがおこります。しかし、初期であれば、前立腺癌は代替療法で簡単に完治します。
 5年生存率が、ほとんど0という膵臓癌も早期の場合は、完治できます。失望する前に、相談してください。

牧瀬クリニックでは、掲載の症状に対するインターネット診療及びサプリメント処方を有料で実施しております。詳しくは、こちらをご覧ください。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。