ご自分の舌の裏を走る舌深静脈を、鏡の前で観察してください。そこに小さな静脈瘤が見られ、かつ高血圧の場合は、脳・心血管障害がおこる可能性が非常に高いのです。危険信号です。早急に精密検査してください。

 古代朝鮮半島では、この静脈瘤から瀉血をして、未然に狭心症・心筋梗塞・脳卒中を防いだと言われます。私のクリニックでは、3カ月に一度ほど、韓国の慶州やプサンにある韓医学専門病院に日本の患者さんをお連れして、瀉血を受けてもらっています。

 アムロジンという降圧剤を服用しなければ、収縮期血圧が常に140~160mmHgあった65歳の女性は、指からの瀉血と数種類のビタミン・ミネラルで、降圧剤が不要になりました。10本の指先から瀉血した時、血がピューッとすじを描いて噴き出したことを、今でも鮮明に覚えています。(自分でやっては絶対にいけません!また、指先からの瀉血だけでは血圧は下がりません。背中や、耳の後ろにも瀉血すべき箇所があるのです)

*「世界テーラーメイド医療
韓国 :四象医学瀉血
スイス:スイス式細胞活性療法
ロシア:ロシア式理学療法(準備中)

参加ご希望の方は、下記にご連絡ください。
電話:06-6222-7661
メール:dr@drmakise.com

著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。