肩こり対策で降圧を

 

肩こり

 ロキソニンパップあるいはロキソニンテープ:これらは消炎鎮痛薬のロキソプロフェン(ロキソニン)を皮膚から吸収させるための湿布です。高血圧の人はひどい肩こりに悩まされていることが多いものです。また、肩こり自体が高血圧をもたらすことがあります。毎日、肩をマッサージしてもらえる幸運な人はそんなに多くはいないでしょうから、こういうパップやテープで肩こりを和らげるのも、実際的です。

 それと、全身のもみほぐしも、降圧に効果があります。最近、街かどに非常に多くのマッサージサロンがあります。特にコンピューターを長時間見つめてデスクワークを行っている人は、首、肩、腰の筋肉が凝り固まっていることが多いものです。すると血のめぐりが悪くなり、血圧も高くなりがちです。週に一度ほどは、もみほぐしてもらいましょう。マッサージを受ける前と後では、確実に10mmHgは低くなっているものです。

著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。