イワシのペプチド

 

イワシのペプチド

イワシに含まれるタンパク質から得られる、オリゴペプチド(10個以下のアミノ酸が結合した小さなペプチド)のバリルチロシンには、前のページに述べたアンギオテンシンⅠからアンギオテンシンⅡに変換する酵素の活性を阻害する作用があります。それに、よってACE阻害薬やARBに似た効果をもたらし、血圧をさげてくれます。 もっとも、イワシをたくさん食べたからといって、バリルチロシン がたくさん得られるというわけではありません。特別な製法で、イワシのタンパク質を分解してえられます。 読者の中にはACE阻害薬のカプトプリル(一般名カプトリル)などをすでに服用している人がおられるかもしれません。その場合、バリルチロシンとカプトプリルの構造が似ているために、腸管からの吸収時点で拮抗阻害が起こる可能性があり、カプトプリルの作用が弱まることがあります。また、まれですがACE阻害薬の特徴的副作用である空咳がでることも否定できません。 ケルセチンとこのイワシのペプチドを一緒に摂取すると、各々単独で摂るより降圧効果があるようです。中国の広州にある華僑の最高学府と呼ばれる曁南(じなん)大学の研究者たちが発表しています。
<参考リンク>:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S096399691730340X?via%3Dihub(英文)
ケルセチンは、先に書きましたように月桃に多く含まれていますから、イワシのペプチドを摂るときは、月桃もいっしょに摂られたら良いでしょう。

著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。