日本語 | English

瀉血+ビタミン・ミネラルの効用(高血圧)

 

(1)瀉血+ビタミンミネラルの効用

私が医師免許を取得したのが1979年ですので、およそ40年医者をやっていることになります。
前半の20年はもっぱら普通の医薬品、後半の20年は医薬品をできるだけ使わない代替療法と、ちょうど半分に分かれます。その結果、言えるのですが、解毒と、ビタミン、ミネラル、ハーブなどのサプリメントだけでほとんどの症状は非常に改善されるのです。むしろ、副作用の多い医薬品を長期にわたり使うと、かえって病気を悪化させることがあります。


高血圧

降圧剤を不必要に服用すると、精力が目立って弱くなったり、頭の回転が鈍くることがあります。疲労しやすくなることもあります。味覚障害もよくおこります。歯肉炎にもかかりやすくなります。種類によると、しつこい空咳がでたり、肺癌にかかるリスクも高まります。可能なかぎり降圧剤は少なくし、ビタミン・ミネラル・ハーブなどで対処したいものです。

血圧が高くても血管が破れなければ、いいわけで、逆にいえば、血圧が正常でも血管がもろければ危ないのです。そこで、血管を丈夫にするサプリメントと血圧を下げるサプリメントが必要となってきます。
特に脳出血や狭心症、心筋梗塞などが家系的にある人、また糖尿病家系の人、動脈瘤を持っている人も用心が大切です。マグネシウムなどのサプリメントは、副作用なしに、血圧を下げてくれます。

瀉血は高血圧にきわめて効果があります。アムロジンという降圧剤を服用しなければ、常に160/140mmHg以上あった65歳の女性は、指からの瀉血と数種類のビタミン・ミネラルで、降圧剤が不要になりました。

また、逆に、いつも80/50mmHgほどの低血圧に悩んでいる女性は、瀉血により、正常な血圧に戻りました。

以上の瀉血は熟練した者が行うものであり、絶対にご自分で行わないでください。勝手にご自分で 行われた場合、その結果については、ドクター牧瀬はいっさい責任をとれません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。