日本語 | English

私も瀉血を受けた事があるのです

 

「お血(おけつ)」という言葉を一度は聞かれたことはあるでしょう。
西洋医学では使いませんが、血液がどろどろとし、濁り、さらさらと流れない滞った状態をいいます。
しかし、いかにも非医学的な表現ですので、私も正直なところ馬鹿にしていました。
血液は常に流れているもので、それがどろどろとして停滞しているなんて、ウイリアム・ハーベーの血液循環説に反します。
しかし私も瀉血してもらい、その自分の血を見た瞬間にこれが「お血」かと理解できたのです。平成17年1月プサンにある韓方医学専門の病院でのことです。暗い紫色をした、見るかに汚い血です。
こういう血が実際に私の体内に溜まっているとはとても信じられませんでした。腕の静脈から血液検査のために採血するときに出てくる血とは、性状のまったく異なった感じの血です。

慶煕大学韓医学部を優秀な成績で卒業し30年の臨床経験をもつ院長先生いわく、瀉血はどんな方法より、速やかに、かつ確実に、しかも大量に体内の有害物質を排毒してくれるそうです。
代替療法を行う医師の間で最近はやりだしたEDTAを使ったキレート療法より効果あるそうです。 その瀉血を受けてから急に目の回りの疲労感や、頭になんとなく雲がかかったような重い感覚がすっかり取れてしまい、非常に体調がいいのです。

この体験がもとになり、不定愁訴、更年期障害、高血圧、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、脳卒中後のリハビリ、ED(勃起障害)、前立腺肥大症、肝炎、頭痛、 など数多くの患者さんをプサンの韓方病院をにお連れしていました。 全員が例外なく、改善され、素晴らしい効果をあげています。以前は二~三ヶ月に一度は私が付き添っていけたのですが、最近は超多忙のために、半年に一度ほどしか付き添えなくなりました。 その代わり、お一人でいけるように、むこうの病院や通訳と契約しましたので、ご希望の方は、当方に連絡してください。

鏡の前で、舌先を上にあげ、ご自分の舌の裏を見てください。
舌の裏を走る、舌深静脈が写真のように怒張していると、「お血」があるという証拠です。
普通は、もっとほそいのです。ひどい場合は、静脈の根元が、どくろを巻いたように膨らんでいます。

お血の状態

以上の瀉血は熟練した者が行うものであり、絶対にご自分で行わないでください。勝手にご自分で 行われた場合、その結果については、ドクター牧瀬はいっさい責任をとれません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。