日本語 | English

リアルホテル

Part3 ペルー


 ホテルは「リアルホテル」なる、お世辞にも清潔なとは言い難い3星か2星のホテルです。
アマゾン川に面した三階建てのかなり古く、100年前どころか200年前のコロニアル風です。
一泊29ドル。サンフランシスコとは一桁違います。ちなみに、僕の部屋の鍵を写真で撮っています。
これだけで、およそのことがお分かりになるでしょう。
208号室の鍵です。番号がかすれるほど使い尽くされているのです。

 はっきり言って、貧乏旅行に慣れていない人には、ちょっと抵抗があるかもしれません。ホテルの前では薄汚い野良犬が二匹、暑さのためか、ごろ寝しています。しかし、部屋にはクーラーもついていて、お湯もでるし、町のほぼ真ん中にありますから、一泊なら十分です。もっとも1週間は滞在したいとは思いませんが。今でも石油関係のアメリカ人がここによく泊まるということです。
 そのためか、英字新聞が一階のロビーにおいてありました。名前が「Iquitos Times」。一ページ目に、大きく写真入りで「Giant Electric Eel Attacks School Children」(巨大電気ウナギ小学生を襲う)という記事が載っています。さすが、アマゾンです。もっとも、実害はなさそうで、写真の小学生たちもむしろ楽しんでいるような笑顔です。しかし、どうやって、アマゾン川から、ウナギが校庭までやってきたのでしょうか? アマゾンには不思議がいっぱいありそうですね。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。