日本語 | English

完治を目指す、重要なサプリメントのまとめ(2/4)

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

 

摂り方

胃が丈夫であれば、空腹時。そうでなければ、食後、あるいは食事とともに。
摂取する時間はいつでもいいですが、できれば夜の方がいいです。特にセレン、マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンB12は夜間に摂った方がいいです。

以上のサプリメントを、

最初の1ヶ月目はセット1
→ 2ヶ月目はセット2
→ 3ヶ月目はセット3
→ 4ヶ月目はセット4

というように、順次、摂取することがすすめられます(セット1→セット2→セット3→セット4)。
 そして、5ヶ月目以降は症状によってサプリメントを変えるのか、あるいは同じサプリメントをもう一度を繰り返すか、あるいは、セット1~4のうち、どのセットを摂っていた時が最も肌の調子が良かったかを記録されて、最も肌の調子がよかった組み合わせの中にあったサプリメントを、重点的に摂られてもいいでしょう。
 普通は、もう1クール、セット1~セット4までを繰り返してもらうことが多いのですが、経済的な問題もあるでしょうし、また、治りが非常にいい場合は、少しずつサプリメントを減らしていきます。 たとえば、日曜日を「休サプリの日」と定め、ここに書いてあるサプリメントをすべてとらない日とする。そして、様子をみて、うまくいくようであれば、次は水曜日も「休サプリの日」。あるいは、すべて一日おきにと、いうようにして、最終的には、せいぜい月桃、ドクターズ・メガ・プロテオグリカン、フラックスシードオイルの三つくらいで、コントロールできるようになるのが理想的です。超重症の人は、セット1~セット4を3クール繰り返してもらうこともあります。
 以上、1~4をそろえるのはけっこう大変です。ですから、当方でセットにして、患者さんにお分けしています。これらは、医薬品でないので、診察を受けられなくても、お送りすることができます。価格などは、軟膏およびサプリメント各種に記載しています。 希望の方は、メイルで連絡してください。

 当方から購入される場合、セット1~4までまとめて購入しなければいけないのかという質問がありましたので、お答えしておきます。1セットずつが無難であり、お送りするとしても、2セットまでです。なぜなら、患者さんの中には、たとえば、フラックスシードオイルのにおいがどうしても苦手で摂取が困難だとか、マグネシウムを摂ると便がやわらかくなりすぎるとか、といったことを経験される人がたまにおられますので。まずは、1セットずつ注文してください。

 それと、よくある質問ですが、たとえば、フラックスシードオイルとビタミンCはすでに持っている。したがって、その二つを除いたセットを購入できるかという質問です。もちろん、購入できますが、他のサプリメントが全部単品扱いになるので、かえって高くつくことがあります。それをご承知の上なら、いくらでも、個別で購入できます。くわしくは事務に、メイル(dr@drmakise.com)でおききください。
 また、以上のサプリメントセットを、どこからかご自分で買いそろえられて使われるのは、大いに結構です。このウェブサイトを参考にして、ご自分なりに、使ってください。そのために、一日の摂るべき量も書いているのです(その際、注意してほしいのは、くれぐれもビタミンCを過剰に摂り続けないことです)。
 ただし、ご自分で買いそろえられたサプリメントの名前を列挙して、かくかくしかじかのサプリメントを摂っているが、どのように使ったらいいか、指導してくれと、よくメイルが来ます。これは、指導をお断りしております。なぜなら、ぼくは、当方で毎日患者さんに使っているサプリメントはよく理解していますが、たとえば、アメリカのSwanson社のα-リポ酸とNaturemade社のフラックスシードオイルを摂っているが、ときかれても、その品質もわかりませんし、答えようがないのです。したがって、そういった類の質問に関しましては回答をしておりませんので予めご了承ください。
 もちろん、ぼくのところから送るサプリメントの使い方に関しては責任をもって回答します。
 また、ぼくのところが処方するのは、合成のビタミン剤か天然のビタミン剤かという質問もよく受けます。月桃加工食品、フラックスシードオイル・プラス、以外は合成です。しかし、化学合成されているが、天然の形というのもがあり、こういう質問をなさる人は、何をもって合成とか天然というか、その定義もよくわかっていない人がほとんどなのです。定義さえはっきりしないで、漠然と質問してこられるのです。
 また、フラックスシードオイルは完全な有機栽培によって育てられたフラックスから、とられています。ぼくのところで処方しているのは、フラックスシードオイルにツバキオイルと松の葉オイルをブレンドしたもので、フラックスシードオイル・プラスとよんでいます。
 ビタミンD3はバージンエキストラオリーブオイルからつくられたものであり、動物性ではありません。

 ぼくのクリニックで扱っているサプリメントのカプセルはほとんど植物性ですが、一部のカプセルに、ゼラチンでできているものがあります。ゼラチンは動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加え、抽出したものですから、動物性です。ですから、どうしても植物性のカプセルしか駄目だという人は、ご自分でお探しください。当方からはお送りしません。しかし、のべ数万人の患者さんに使っていただいて、不都合なことは一件もありませんでした。また、イスラム教信徒であるなど、宗教的理由により、ブタのコラーゲンを使ったゼラチンは使えないという人は注意してください。最近、マレーシアなどからもアクセスがあり、こういった質問を受けますので、念のために書いておきます。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。