日本語 | English

ステロイド軟膏の正しい使い方

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

アトピーは正確にはアトピー性皮膚炎です。つまり、炎が燃えている火事なのです。

燃え盛っている火事に、ひしゃくに水を取り、そのくらいの水をかけたとしても何の役にも立ちません。バケツでもとても無理です。
そこは、ホースで大量の水をいっきにかけて、炎を小さくしなければいけません。そして、炎の勢いがかなりおさまった時点で、バケツで水をやり、最後はひしゃくくらいの水で消していけばいいのです。

アトピーもこれと同じことで、炎症の激しいとき、つまりかゆみ、赤みが強いときは、まず強いステロイド軟膏を使い、いっきに炎症を抑え、それから徐々に軽いステロイド軟膏へと切り替えていくのが、正しい塗り方なのです。

短期決戦でいくのです。ステロイド軟膏の副作用(これは先に述べましたように、短期間では事実上ほとんどありえないのですが)を恐れるあまり、びくびくと弱いステロイド軟膏から始めても、少しも効果はありません。

かゆみのためひっかいていると、健全な皮膚はいつまでたっても再生されません。新しい皮膚を再生し、定着させるには、かきむしる期間をできるだけ短くする必要があるのです。

そして、十分な睡眠をとり、健康な新しい皮膚の再生を促すのです。そして、その間に、アトピーの原因を解決すれば、それが根治治療につながるのです。

ここで、ステロイド外用剤のランクを日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎治療ガイド2016年版から引用したもの(ステロイドの化学名は省略)を付記しておきますから、参考にして下さい。
今、あなたが病院からもらっている軟膏がどのランクに属するか知っておくべきです。 図のように、ステロイド外用薬は使われているステロイドの種類によって、ストロンゲスト(最強)>ベリーストロング(非常に強)>ストロング(強)>メディアム(中間)>ウィーク(弱)と5段階にわかれます。

そして、「皮疹の重症度と外用薬の選択」というのもガイドラインに載っています。---- 詳しくは「日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2016年版」とインターネットで検索してください。

----「ストロンゲスト」は硬いイボのような芯がある湿疹に、中くらいの紅斑や少数の丘疹には「ストロング」か「ミディアム」クラス、「ウィーク」は顔の赤み程度のところと使いわけます。

ステロイド外用剤のランク
ストロンゲストデルモベート、ダイアコート
ベリーストロングフルメタ、アンテベート、トプシム、リンデロンDP、マイザー、ビスダーム、テクスメテン、ネリゾナ、パンデル
ストロングエクラー、メサデルム、ボアラ、ザルックス、アドコルチン、ベトネベート、フルコート、リンデロンV
メディアムリドメックス、レダコート、アルメタ、キンダベート、ロコイド、グリメサゾン、オイラゾン
ウィークプレドニゾロン

今、あなたはどのランクのステロイド軟膏をどの程度の症状に使っているでしょうか。チェックしてください。こわごわ使っていないでしょうか。基本は、かゆみが取れ、安眠できるほどの強さの軟膏を使っているかです。

具体的には、上半身、腹側も背中側もかなり広範囲に湿疹ができているような場合、5グラムのステロイド軟膏のチューブでは、一回で1~2本ほど使う程度に、塗るということです。

また、肘の内側のステロイド軟膏の吸収率を1とすると、背中は1.5~2、首は5~6、顔は8~12、陰部は40ほど、手のひらは0.8ほど、足の裏は0.15ほどで、部位によって違ってきます。そこのところ注意しながら、ステロイド軟膏のランクに強弱、回数に気を配って塗らなければいけません。

どのくらいの期間、塗ればよいかですが、仮に5日間、朝、晩、塗ってきれいになったとしても、さらに5日間塗る。2週間塗って、きれいになれば、さらに2週間塗る。つまり、きれいになるに要した日数だけ、さらに塗るということです。なぜなら、表面はきれいになっていても、皮膚の深いところでは、炎症が残っていますから、表面がきれいになったからといって軟膏を塗るのを止めると、すぐに痒くなってきて、また軟膏を塗ることになります。すると、結果的には、ステロイド軟膏を多く使うことになってしまうのです。また、刷り込むようにして塗るのではなく、乗せるような感じで塗ってください。
 ただし、皮膚の薄い顔は別で、きれいになれば、すぐにステロイド軟膏の塗布を止めてください。
その代わりに、リカバリー・ビオ・ウォーターなどを塗ってください。

そして、塗ってもかゆくて眠られないのであれば、それはその軟膏の強さや塗る回数が不十分であるということです。また、そのような場合、ためらわず抗ヒスタミン剤などを就寝前に服用してください。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。