日本語 | English

減感作療法について

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

これは、例えばスギ花粉にアレルギーがあったとすると、スギ花粉の濃度を非常に希釈して、最初はまずごく少量から注射し、じょじょに増やして、最終的にはスギ花粉に対しアレルギーをおこさせないようにする療法です。

成果をあげることもときどきありますが、治療に時間がかかるのが難点です。週に最低1、2回通院が1年ほど続きます。

それとアトピーをひきおこしているものが、花粉にせよ、昆虫にせよ、食物にせよ、ダストにせよ、きっちりと判定できればいいのですが、単に血液検査の結果、その物質に対して数値が高く出ているからという判断のみから、その物質に対して減感作療法を始めても、いい結果がでなく、1年、2年とかけたが、骨折り損のくたびれもうけということにもなりかねません。

ある一定の時期、たとえばスギ花粉の増える春先に特にアトピー症状が悪化するというように、非常に因果関係がはっきりしている場合、減感作療法を試みられるのはいいことかもしれません。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。