日本語 | English

プロトピックについて

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

ステロイドは使われていませんが、そのかわりにタクロリムスという免疫抑制剤が配合されています。 日本では1999年に発売が開始されていますので、まだその副作用については未知な部分が多すぎます。 ステロイド軟膏より多彩な副作用がでてくるのではないかと心配です。

 ぼくは患者さんにはほとんどすすめません。毛嚢炎や口唇ヘルペスができやすくなります。これは、免疫抑制剤であるがゆえの当然の欠点です。 また、プロトピックによる薬疹で、頬に大きく、固い紅斑をつくってしまった患者さんを治療したことがあります。 特に日光の当たる顔に使うのはさけたほうがいいでしょう。

 しかし、皮肉なことに、顔の赤味をとるには有効なようで、その赤味をとるために顔に塗る患者さんが多いのです。「重要なサプリメント 7」ところに書きましたように、アトピー患者さんは、顔の赤味で非常に悩むことが多いのです。 第三者からみると本当にたいしたことではないのに、もう他人の視線さえ恐ろしいようで、うつむきかげんで会話する人もいます。

 そういう患者さんには、将来おこりうるかもしれない副作用の心配より、今ここにある苦しみをひとまず軽くしてあげるために、プロトピックの使用を黙認することはあります。しかし、顔の赤味のためなら、ビタミンB2、B6か、あるいは「赤ら顔」のぺージに記載があるようなやり方のほうがずっと安全です。

 また、こういう免疫抑制剤の入った軟膏を使うことをかなり積極的に容認しているアメリカの皮膚専門医に行くツアーまであります。

 このツアーを募っておられる主催者ご本人のアトピーが治ったということで、募集されておられるわけですが、アメリカでの治療後は「炎症が時々おこることがあっても、もうステロイドの塗り薬も使うことがなく、画期的なアトピー性皮膚炎のお薬で安全に生涯を普通の皮膚、普通の生活を楽しんでコントロール出来るようになります。」というふうに書かれています。はたして、そうなんでしょうか?

 生涯にわたってというには、せめて数十年は使われてから判断されるべきで、ましてやFDAからも警告を受けているような軟膏を長年使い続けるということは、危ないとしかいいようがありません。ぼくはこの書き方は非常に無責任であると思います。


読売新聞2005年3月12日に次のような記事が載っていました。

『アトピー治療薬 発がんの可能性 米食品医薬品局』

『米食品医薬品局(FDA)は十日、藤沢薬品工業が開発したアトピー性皮膚炎の治療薬「プロトピック」(一般名・タクロリムス)が発がんに関連している可能性があるとして、他の治療が効かない場合に限って短期間で使うよう、医療関係者に呼びかけた。

動物実験でがんが見つかり、使用量が多いほど危険性が高いことが確認されたためで、患者の中には少数のがんの報告があるという。プロトピックは、免疫抑制剤として開発された成分を塗り薬にした新薬。』



ところが、プロトピックは健康保険が適用されるのです。そのおかげで、日本の厚生労働省にあたるアメリカの食品医薬品局(FDA)の以上の警告にもかかわらず、日本皮膚科学会からもおすみつきを得て、日本の皮膚科でどんどん使われているのです。

ちなみに日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎に対する標準治療は、適切なステロイド軟膏の使用と顔の赤みにはプロトピック軟膏の使用のみです。これだけでよしとするのです。しかし、これだけでは治癒しないから患者さんは嘆いており、いかがわしいアトピービジネスが跳梁跋扈するのです。

 それをアトピービジネスのために、ステロイドによる標準治療が捻じ曲げられたというのは、本末転倒もはなはだしいこと限りなしです。結核に対する、いかがわしい「結核ビジネス」は聞いたことはありません。なぜなら、現代医学が結核を治してくれ、「結核ビジネス」の入る余地がなかったからです。

 ステロイドの使用をぼくは否定しませんし、ステロイドの使用はむしろ短期決戦式にうまく使えとまですすめますが、それだけでよしとはしません。 ぼくなりに副作用のない軟膏や、効果的なサプリメントの組み合わせをつくり出そうと日夜努力しています。ステロイドとプロトピックだけでは、いつまでも出口の見えない治療になってしまいます。体の中から改善していかねばいけません。

 

 日本のみならず世界の皮膚科医の最大の欠点は、栄養学にうといことです。「医食同源」「身土不二」という意味を理解せず、皮膚しか見ていないことが非常に多いのです。だから、その場しのぎの治療になってしまうのです。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。