日本語 | English

伝染性軟属腫(いわゆる、水イボ)

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

 小粒の真珠のような丘疹や隆起が多発することがあります。伝染性軟属腫ウイルスによっておこります。アトピーっ子によく合併します。痛くもかゆくもありませんし、1~2年で自然に消えていきます。

 したがって、そのまま放置しておいてもまったく問題はありませんが、数が非常に多い場合、お子さんの外見を心配するお母さんがおられます。

また、しつこく3年も続くことがあります。そんなときは、ピンセットで取り除きますが、お子さんが痛がります。それを見るのがつらいというお母さんが多いので、けっきょく、しばらく待ちましょうということになります。

 しかし、最近は麻酔テープを使って、水イボを取る方法がありますので、それだと痛くないことがあります。それでも、いやがる場合は、商品名ZymaDermなる水イボ専門の塗り薬があります。

主成分はヨード、エキナセア、ニオイヒバで、9ヶ月の赤ちゃんから使えるほど安全です。これはアメリカからの個人輸入になります。
インターネットで「ZymaDerm」と検索してください。


著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。