還元型グルタチオン(16/26)

 

 

16.還元型グルタチオン:500mg~1000mg/日

グルタチオン

グルタチオン

 グルタチオンは、三つのアミノ酸(グルタミン 酸、システイン、グリシン)から成るトリペプチドで、強い解毒作用を示します。したがって、サプリメントセット2に入れています。
 グルタチオンを構成する、イオウ(硫黄:S)を含む-S-Hというチオール基に、さまざまな有害物質が結合され(これをグルタチオン抱合といいます)、細胞外に排出され、血液によって腎臓まで運ばれます。そこで、さらにメルカプツール酸に変換され、尿といっしょに排泄されるわけです。
 グルタチオンに含まれているイオウの臭いで、製品が腐っているのではないかと心配された患者さんがいました。その心配はまったくありません。むしろ、イオウのくさい臭いがあるからこそ、そのサプリメントはしっかりとイオウが含有されており、解毒効果があるのです。そのため、解毒を担う肝臓には、他の臓器よりも7倍~10倍ほどのグルタチオンが存在しているといわれています。
 また、強力な抗酸化剤としても、際立った性質をもっています。グルタチオンはペルオキシダーゼと共に、細胞障害活性が最も強力なヒロオキシラジカル(•OH)を無害な水に変換させます。グルタチオンは体内でつくられるのですが、それをつくるには十分にミトコンドリアが働かなくてはいけません。ところが、加齢とともに、ミトコンドリアのエネルギー生成能力が低下し、ひいてはグルタチオンの生成も減少し、強力なヒドロオキシラジカルに対処できるほどの量には足らなくなってきます。

 こと、肌にとっては、メラニンの生成を阻害するため、グルタチオンは美白に重要な働きをします。そのため、サプリメントセットRにも入れています。

 ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ5万人以上の皮膚科領域の患者さんを、内科医の立場から診察した、つまり、多くの皮膚病は体の内部の問題が皮膚に現れたとみなして治療する根治方法です。
 しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。