石けんについて

 

 市販されている石けんにはものすごい種類があり、どれがいいか迷うのはあたりまえです。基本的には、合成界面活性剤をつかっていない純石けんをすすめていたのですが、いったいどこで買ったらいいのかわからないという患者さんや、 美肌効果や、保湿効果のある石けんを強く求められる患者さんが多いので、ついに、ぼくのところでつくりました。石けんとして使う水溶性オイルです。

 オイルが主成分なので、泡は立ちません。イタリアの会社によるエステル交換の技術を使い、グレープシードオイルがもっている本来の特性が失われていない、水に溶けるオイルなのです。

 通常の石けんはそのアルカリ性(pH9~pH11)の性質によって皮脂膜を洗いおとします。しかし、皮脂膜は皮膚の保護に非常に重要な役割を果たしています。ヒトの皮膚は通常、pH4.5~pH6で弱酸性です。アトピーを患っている人は、皮脂膜の再生機能が弱いので、強いアルカリ性の石けんで皮脂膜をとってしまうと、皮脂膜の再生に時間がかかり、乾燥しやすく、アトピーが悪化することが多いものです。「水溶性のオイル」のpHは、普通の石けんよりもpHが2~3低くなっており、人肌のpHに近く、なおかつグレープシードオイルの特性によって、保湿機能も高めてくれます。

 これは、炎症の強い肌、乾燥肌、化粧おとし、赤ちゃんのおむつかぶれ、などに使うと、汚れをおとしながら、肌が乾燥しないという非常にすぐれものです。(もちろん普通の肌にも使えます)。特に炎症のひどいあいだは、この水溶性オイルをすすめています。軟膏を洗いおとすにも最適で、目以外は全身に使えます。 使ったあとは、水で洗いおとすことができ、その後、肌に十分な保湿感が残ります。この水溶性オイルを、「泡なしオイル石けん」と名づけています。

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 実績のある最新のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら .

著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。