日本語 | English

完治を目指す、重要なサプリメントのまとめ(1/4)

 

ここに書かれていることは、ドクター牧瀬が、延べ4万人以上のアトピー性皮膚炎を診察した 結果の、最新・最高のアトピー治療法です。しかし、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに 書かれてあるサプリメントをとったり、勝手な治療法を行い、症状が悪化してもドクター牧瀬 はいっさい責任をとれません。

» インターネットによるアトピー診療の流れ(診療をご希望の方は必ずお読み下さい)
» アトピー性皮膚炎に関するご相談・お問い合わせ、軟膏・サプリメントの処方、ご注文はこちら 

 

サプリメントセット1~4

ここまで述べたことに注意すれば、間違いなくアトピーは改善します。なぜなら、原因そのものを解決しているからです。そして、これから述べるサプリメントを補えば、治癒の速度は倍化します。



 どういうサプリメントが良いか、ここから列挙します。しかし、量と種類が多いので、サプリメントセットとして摂取しやすいように、月単位でまとめたものを下記に表にしています。 以前はセット1~セット6と、6つのセットに分けていましたが、煩雑すぎることと、ついにドクターズ・メガ・プロテオグリカンという、アトピーには非常に効果のあるサプリメントができましたので、それを加え、かつ簡略化し、セット1~セット4と、再編成しました。
 最初の一ヶ月はセット1、二ヶ月目はセット2、三ヶ月目はセット3、四ヶ月目はセット4、のように摂ってください。その後ですが、普通は、サプリメントセット1~4までのみ終わったら、もう一度、念のために続けてサプリメント1~4まで摂られた方が良いのですが、経済的に負担がかかります。そこで、一日おきでも良いので続けることです。すると、最初の4ヵ月は毎日摂るわけですから、4ヵ月。次は一日おきですから、8ヵ月。4ヵ月+8ヵ月=12ヵ月、つまり1年摂 ることになります。このくらい続けられると、たいてい非常に良くなるものです。その後は、ドクターズ・メガ・プロテオグリカン、フラックスシードオイル・プラス、ビオスリーを維持療法として続けてください。そして、その間、様子を見ながら、月桃をお摂りになるといっそう良いです。
 ただし、超重症の人は、セット1~セット4を3クール繰り返してもらうこともあります。中にはサプリメントセット1~4を繰り返しているかぎり、すこぶる調子がよく、経済的にもたいして負担でないので、2年も3年も続けられている患者さんもおられます。それは、それで良いのです。

 しかし、今から書いておきますが、これらは医薬品でなく、健康補助食品ですから、一ヶ月や二ヶ月服用したからといって、魔法のようにすっかりアトピーが良くなることはありえません。解毒作用のために、一時的に悪化するように見えることさえおこります。

 また、時々、次のような質問があります。「セット3をとっていたときが最も調子がよかった、だから、2クール目からはセット3だけが欲しいが、どうでしょうか」。確かにもっともなご質問ですが、ほんとうに特別にセット3がその患者さんよかったかどうかは、1クールだけではわかりません。セット1、セット2と、摂っているうちに、次第にからだの調子が整い、セット3あたりで最も体調が良く感じるのかもしれません。あるいは、セット1、セット2を摂っているときが花粉症の季節だったのが、セット3を摂る時は花粉の季節が終わっていたということもありえます。
また、たまたま、セット3を摂っていたときごろから、ちょうど精神的ストレスのかからない環境に変わっていた(例えば、入試が終わったとか、母親の看病をしなくてすむようになったとか)ということもありえます。したがって、2クール目も、サプリメントセット1から順番にお摂りになることをおすすめします。そこで、2クール目でも、たしかにセット3のときが良かったというのであれば、2クール目が終わってから、セット3を集中的に3~4ヵ月お摂りになるのも良いでしょう。

 しかし、これから述べるサプリメントをきっちりとり、食事指導も守っているが、まったく改善しないケースがときどきありますが、その一つの理由は、夜更かしです。
 夜はどんなに遅くとも午後11時までには床に就いください。理想は午後10時までです。その分、朝は早くおきてけっこうです。同じ8時間睡眠をとるのであれば、夜1時に寝て朝9時に起きるより、夜10時に寝て朝6時に起きる方が、健康のためには良いのです。(便秘でさえ、午後10時に就寝すると、治ったという人もいます)。
 それは、主に成長ホルモンの分泌の関係からです。特に午前0~午前2時あたりに成長ホルモンは分泌されます。入眠できなくてもかまいません。体を横たえることにも意味があるのです。休日などで、朝に十分寝ることが可能な場合は、とりたてて早起きする必要はありません。寝ていたいだけ寝ておられてけっこうです。つまり、夜更かしが良くないということです。どんな病気も夜更かしすると、非常に治りが悪いのです。ましてや、午前2時以降に寝る人は、まず病気は治らないと言っても、言い過ぎではないくらいです。
 成長ホルモンは80才になっても分泌され、非常に多彩な働きをします。単に背丈を伸ばすだけではないのです。傷ついた皮膚の修復を促す役目もあります。また、甲状腺ホルモンのT4(テトラヨードサイロニン)からT3(トリヨードサイロニン)への変換を促進します。T3が生理活性が強く、これがうまく生産されなければ、代謝が遅くなり、皮膚にも悪影響がでます。

きっちりとサプリメントを摂り、夜は早い目に就寝し、食事指導を守る。これらのことを1年実行し、まったく効果がなければ、それはアトピー性皮膚炎ではなく、他の皮膚病です。例えば、真菌症。
あるいは何かの物質に対する接触性皮膚炎。あるいは、何か特定の食品に対するアレルギー反応。もし、きわめて強烈な痒みを伴うのであれば、結節性痒疹か悪性リンパ腫の一種(菌状息肉症)かもしれません。最後の二つを疑われる場合は、写真をお送りください。最近、特に増えてきている結節性痒疹の場合はサプリメントの種類も軟膏も違います。菌状息肉症は、サプリメントでは治りません。
一刻も早く大学病院で診てもらうべきす。

 20年以上、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、カロテノイド、糖タンパク質、ハーブ、健康補助食品などを使ってアトピー治療を行ってきた経験から、「月桃、フラックスシードオイル、マグネシウム、プロテオグリカン、プロバイオティックス、ビタミンB群、ビオチン」が最も重要な基本的サプリメントであることがわかってきました。今回は、それらを基本として、旧来のサプリメントセットを改訂しました。

名称
内容
セット1 フラックスシードオイル・プラス 2000mg、マグネシウム 200mg、ビオスリー 2000mg、ビタミンB群 1カプセル、ビオチン 5000μg、 α-リポ酸 300mg、セレン 200μg、ビタミンC(アスコルビン酸)2000mg、泡なしオイル石けん 1個
セット2 ドクターズ・メガ・プロテオグリカン 3錠、マグネシウム 200mg、フラックスシードオイル・プラス 2000mg、ビオスリー 1000mg、 ビオチン 5000μg、 ビタミンB群 1カプセル、セレン 200μg、 α-リポ酸 300mg
セット3 ドクターズ・メガ・プロテオグリカン 3錠、マグネシウム 200mg、フラックスシードオイル・プラス 2000mg、ビオスリー 1000mg、 ビオチン 5000μg、ビタミンB群 1カプセル、 パントテン酸(ビタミンB5) 550mg、 ビタミンC(エスターC) 500mg、亜鉛 15mg
セット4 ドクターズ・メガ・プロテオグリカン3錠、マグネシウム 200mg、 フラックスシードオイル・プラス 2000mg、ビオスリー 1000mg、 ビオチン 5000μg、ビタミンB群 1カプセル、パントテン酸(ビタミンB5) 550mg、 ビタミンC(エスターC) 500mg、ビタミンD3 1000IU
  • 以上は、すべて1日の摂取量です。ビタミンB群の"1カプセル"といいう表示は製品によって、まちまちですので、 こういう書き方しかできません。製品によっては2カプセル必要な場合もあるかもしれません。 多くは、1カプセル中に、B1、B2、B3、B5、B6は50mg、ビオチンとB12は50μg、葉酸は400μg、PABA、イノシトール、コリンは50mgが含まれています。 この量であれば、1カプセルです。
  • ドクターズ・メガ・プロテオグリカンは、できれば、6錠/日摂ったほうが良い。
  • ビオチンは1000μgと5000μgのものが市販されていますが、必ず5000μgのものにしてください(小児は1000μgでも可)。
  • ぼくのクリニックではフラックスシードオイルは、ふつうのフラックスシードオイルに、ツバキオイルと松の葉オイルをブレンドしたものを患者さんにお分けしています。 普通のフラックスシードオイルと区別して、フラックスシードオイル・プラスと呼んでいます。
  • マグネシウムにはいろいろな種類がありますが、グリシン酸マグネシウムがいいでしょう。ぼくのところもこれを使っています。
  • ビオスリーはセット2、3、4では、1000mgなっていますが、2000mgでもかまいません。
  • ときどき、最初から、セット3とかセット4だけを注文される方がおられますが、それはそれでかまいませんが、基本は、セット1から順番に摂ってい かれたほうが効率が良いように工夫されていることを知っておいてください。
  • 月桃はサプリメントセット1~4の中にはあえて入れていません。月桃は非常に解毒作用が強いので、摂り始めると、急に痒みが増え、不安になる患者さんがけっこうおられるからです。セットを2クール終わったあとくらいから、少しずつ摂り始められると良いでしょう。しかし、1クール終わった時点で、まったく痒みが消えてしまっていたら、その時点から、徐々にのみ始めてください。(牧瀬ライフアップ研究所よりご入手いただけます)
  • なお、医薬品を摂っておられるときは、必ず主治医とご相談のうえ、上記のサプリメントをお摂りください。

著作権に関する表示:当ウェブサイト内のすべてのコンテンツ(記事/画像等)の無断転載及び無断転用(コンテンツを無断流用した改変の掲載も含む)は固くお断り致します。